probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

電動歯ブラシの比較 / これから購入を考えている方へ

2016/06/03

手で磨く歯ブラシを上手に使っている人には、電動歯ブラシは必要ないでしょう。「自分の手で磨く方が、どこが磨けていないかよく分かる!」と言う歯磨きのプロフェッショナルがいます。このプロの方は1回の歯磨きに15分~20分くらいかけています!

私自身もそうですが、「そこまで時間をかけれないよ~」という方がほとんどではないでしょうか?やはり長く時間をかける方が、歯垢がきれいに落ちる割合も増えます。

そこで電動歯ブラシの登場です!

歯ブラシ自体が動いたり振動したりするので、手磨きではできない回数のブラッシングが可能になるため、歯垢をよりきれいに落とす効果があります。

安いものから高いものまで色んな種類がありますが、大きく3種類に分けることができます。どれを選べばよいのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

1・機械的電動歯ブラシ

歯ブラシ自体が回転したり、上下左右に動くものです。

比較的安価なものが多く、乾電池で動くものもあり、安いものでは1000円くらいのものがあります。ただし安いものは機械の性能が良くないものがあり、壊れやすいのが短所です。

回転式のブラシは、ブラシがクルクル回って歯の表面をこすり、歯垢を取り除いてくれます。振動しているだけの音波歯ブラシよりも歯垢を落とす力があります。

ただし回転式の歯ブラシは、ヘッドの内部に回転させる機械部分があるので、ブラシの「直径」は小さくても、歯ブラシの「高さ」が高くなってしまうので、口を大きく開けなければいけません。(手磨きの歯ブラシの高さは平均15mmくらい。回転式は約20mm)慣れないうちは、口から唾液がこぼれてしまうかもしれません。また、歯と歯の間の歯垢を落とすことには、あまり向いていません。

スペアブラシは500円前後で販売されています。

2・音波歯ブラシ

歯ブラシ部分が振動して、1秒間に約200ヘルツから300ヘルツの音波を発生させています。この音波の力で口の中の水分を利用して、水流を作り出します。この水流のスピードを速くすることで歯垢を除去します。さらに音波が細菌に当たることにより、歯垢のなかにたくさんいる細菌どうしの繋がりを壊してくれます。

機械的電動歯ブラシより歯垢を落とす力は弱いですが、歯ブラシを細かく動かし、時間をかけることで、効率よく歯垢を落とすことができます。

スポンサーリンク

歯と歯の間を水流が流れることで、歯のすき間の歯垢を落とす力は機械的電動歯ブラシより優れています。

歯ブラシ自体に機械部分がないため、ヘッドが小さく歯の隅々にまでブラシを当てることが可能で、ブラッシングがしやすいのも特徴です。

値段は少し高くなり、1万円前後くらいから販売されています。スペアブラシは500円前後で販売されています。

3・超音波歯ブラシ

電動歯ブラシと同じく、歯ブラシを振動させる方式ですが、音波歯ブラシよりもさらに高い超音波を発生させることのできる歯ブラシです。

1秒間に約150万ヘルツから200万ヘルツの音波を発生させるので、音波ブラシの効果をさらに強くした歯ブラシといえます。

歯垢のなかにいる細菌のなかには、ネバネバした粘土質が強いものもいて、超音波歯ブラシだけがこの細菌に効果があるという研究結果も出ています。

短所としては、値段は2万円からと、とにかくお値段が高いことです。スペアブラシ自体も3000円前後と、維持費が他のブラシよりもかかってしまいます。

値段の違いで効果が違う?

値段が高いからと言って、効果があるとは限りません。やはり自分の口の状態にあった物を選ぶ必要があります。

歯ぐきが健康で歯垢をしっかり落としたい人は「機械的電動歯ブラシ」を。歯周病を予防、もしくは歯周病が進んでしまい歯ぐきが弱ってしまった人は「音波歯ブラシ」、「超音波歯ブラシ」を選んでみてください。

電動歯ブラシのヘッドは消耗品です。ブラシが開いてきたり、汚れがついてきたら交換する必要があります。(1日に使う回数と時間によりますが、ほとんどのメーカーでは、約3か月で交換を勧めています)

スペアブラシの価格も電動歯ブラシを選ぶ基準にするとよいでしょう。

ちなみに

私は現在音波歯ブラシを使用しています。以前は丸型ヘッドが回転する電動歯ブラシを使用していましたが、私の歯ぐきには少し強すぎたので、音波歯ブラシに変えました。

音波歯ブラシは、磨く時間が短いと歯の表面に少し歯垢が残った感じがします。そんな時は、手磨きで気になるところをもう一度ブラッシングするようにしています。

超音波歯ブラシは購入を考えたのですが、私には高価過ぎて、手が出ませんでした( ;∀;)

いつか試してみたいと思っています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-口のケア, 歯周病
-