probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

1日たったの3分でダイエット!!「簡単ストレッチ」で代謝をアップさせよう!


食事を制限しても痩せない・・・

運動もしてるけど効果が表れない・・・

そんな人はいませんか?食事も運動も大切ですが、痩せるために必要なのは「痩せやすい体」を作ることです。

新陳代謝を高めて、しっかり食べても太りにくい「痩せ体質」になりキープできる、「1日たったの3分!簡単ストレッチ」をご紹介します。

スポンサーリンク

肩甲骨のストレッチ

新陳代謝を高めるために、まずは肩甲骨の周りの筋肉を動かすストレッチを行いましょう。

肩甲骨の周辺には、脂肪の燃焼に大きく関わる「褐色脂肪細胞」がたくさん集まっています。褐色脂肪細胞とは簡単に言うと「体熱発生装置」です。体の中でエネルギーを消費して体温を上げる役割をしています。

褐色脂肪細胞が余分な栄養を熱に変換して放出することにより、肥満を防止する効果があるといわれています。

寒くなってくると猫背になったり、背中側の筋肉をほとんど使わないために肩こりになったりします。そんな時にも肩甲骨のストレッチは効果大です。

  1. 方法としては、まずか肩に手を置いて肩を前後に回しましょう。(前と後ろ、同じ回数行います)
  2. 両腕をまっすぐ頭上に上げて両手を組み、そのまま背中を前後左右に倒してストレッチします

肩が上がりにくかったり、痛みを感じるときは無理をせずに行いましょう。頭の上で手を組むことが難しい人は、タオルなどを使用しましょう。

ウエストのストレッチ

体重が増えた時、贅肉が付きやすいのがウエスト周りですよね。ウエストの贅肉を防止するためにウエストのストレッチを行いましょう。

  1. 肩幅に両足を開いて立ち、下半身は動かさないようにしながら、息を吐きながら後ろを見るようにして上半身をひねります
  2. 正面に戻る時に息を吸います。左右5回ずつ繰り返します

ポイントとしては、必ず呼吸を意識して行うことが大切です。ウエストのくびれた部分に刺激をあたえることで、ウエストが引き締まってきますよ!

スポンサーリンク

下半身のストレッチ

下半身の動きが十分でないと、すぐに脚がむくんだり、下半身太りの原因になってしまいます。下半身のストレッチを行い、スッキリとした脚になりましょう!

  1. 仰向けに寝転がり、両脚を上げます
  2. 壁などに立てかけそのまま5分ほど、その姿勢をキープします
  3. その間、足首を前後に動かして、脚の裏の筋を伸ばす感じでストレッチをします

脚の端っこに溜まりやすい血液や老廃物を流し、むくみや下半身太りの解消になります。

股関節のストレッチ

股関節の周辺にはリンパが集中していますので、股関節を柔らかくしておくことで下半身の血流が良くなり、老廃物がスムーズに流れるため、むくみや下半身太りの解消になります。

  • あぐらの姿勢で床に座ります
  • 左右の足の裏をくっつけます
  • そのまま両膝を両手で押さえて、股関節を上下に動かします

股関節をストレッチすることで全身の血流が良くなり、基礎代謝がアップします。また冷え性の改善にも効果がありますよ!

まとめ

どのストレッチにも共通していますが、決して無理をせずに「気持ち良い」と感じられる力加減で、痛みを感じる場合は中止しましょう。

特に肩と股関節は体の固い人には、少しキツイと感じるかもしれません。しかし毎日行うことで少しずつ体が柔らかくなってくるのが実感できます。

「継続は力なり!」

毎日3分ずつ行い代謝を上げて「痩せる体」を手に入れましょう!!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康