probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

虫歯になってしまったら / 最新の虫歯治療法

2016/06/16

虫歯は誰でも嫌なものですね。

風邪とは違い、薬を飲んで栄養をしっかりとれば治る! という訳にはいきません(T_T)

虫歯にならないためには、毎日の歯磨きやプラークコントロールが必要ですが、それでも虫歯になってしまったら、どのように治療を進めればよいのでしょうか?

スポンサーリンク


初期の虫歯の治療は?

数年前までは、虫歯ができたら削って治療というのが常識でした。そのために口の中は被せ物や銀歯になってしまい、詰め物が取れてしまったり、そこからさらに虫歯に進化して、またその部分を削るという悪循環が生じていました。

しかし最近では初期の虫歯は削ってはいけないというのが常識になっています。

歯の表面が白っぽくなったり、歯の隙間が黒っぽく変色している箇所は、歯のエナメル質が溶け始めているサインです。そこへフッ素を塗ると歯のエナメル質と結びつき、「フルオロアパタイト」という物質を作り出します。

この物質は、歯の表面に硬い層を作り出し、歯の石灰化を促します。この石灰化により、溶けかけている歯の表面をもとの状態に近づけることができます。

ただしこれだけで虫歯が治るというものではなく、毎日の歯磨きやオーラルケアが必要です。

歯に穴が開いてしまう前に虫歯の進行を抑えることが大切なことです。

歯に穴が開いてしまった!

虫歯が進行すると、歯の表面にあるエナメル質を溶かしてゆき、歯の内部の象牙質にまで到達し、細菌が入り込んでしまいます。細菌のいる部分は削りとる必要があります。

削りとった部分に金属やセラミックなどの詰め物をして、噛み合わせを調整しながら歯の形を復元してゆきます。

最近では詰め物の色が目立たないように、コンポジットレジンというセラミックを樹脂で固めたものが多く使われています。専用の接着剤を使用して、コンポジットレジンを歯の削り取った部分に入れて固めます。

奥歯では従来ですと金属を使用する場合が多かったのですが、最近では白いコンポジットレジンを使用して治療後が目立たなくなっています。ただし虫歯のがかなり進んでしまい、歯の削り取った部分が多い場合には、コンポジットレジンを埋めることができませんので、金属の被せ物を使用することになります。

スポンサーリンク

3Mix法

3Mix法とは虫歯の部分に3種類の抗菌剤を使用し、虫歯菌を退治する治療法です。

従来ですと、虫歯の部分とその周りを含めて少し多めに削り取らなければなりませんでしたが、抗菌剤を使用することで歯の削る量を減らすことができます。これにより、歯の神経まで取り除かなければいけないような重症の虫歯でも、歯の神経を残すことができるようになる場合もあります。

3Mix法のメリット

メリット

  • 歯を削る量が少なくなる
  • 治療期間が短くなる
  • 神経を残すことができる可能性がでてくる
  • 歯根の病巣に対しての効果が期待できる

注意点

万能薬といった訳ではないので、すべての患者に当てはまるというものではありません。従来どおりの治療をする方がよい場合もあります。また保健適応外ですので、少し治療費が高くなります。

ドックスベストセメント(Doc`s Best Cement)

アメリカで開発された「虫歯を削らずにミネラルで虫歯菌を殺菌する」という、大変注目されている最新の虫歯治療法です。アメリカでは安全な薬として認可されており、一般的に治療に使われています。

ドックスベストセメントの成分は、銅、亜鉛、鉄などが含まれており、主に銅の殺菌作用により虫歯菌を死滅させます。他に含まれているミネラルは歯の再生に効果があります。

3Mix法は抗生物質で殺菌しますが、血液に含まれている抗菌力とミネラルの力で虫歯菌を退治します。

治療法は虫歯の部分をほとんど削らずに、ドックスベストセメントを塗り、その上に詰め物をします。そこから銅の殺菌効果により虫歯菌が減少していきます。また虫歯により悪くなった部分もミネラルの力により再生していきます。

ドックスベストセメントのメリット

  • 歯を削り取る部分がとても少ない
  • 神経を取らなければならない重症の虫歯でも、神経を取らなくてよい
    (虫歯の部分を全部取ってしまうと歯の神経が出てきてしまうので、全部除去しないでミネラルで虫歯菌を殺菌します。神経を取ると歯の寿命が短くなります。将来的に歯が無くなってしまうリスクを減らすことができます)
  • 治療回数が少ない
  • 薬ではないので、アレルギーの心配があまりない
  • 虫歯への殺菌効果が継続的にある

注意点

日本では認可されていないため、保健が適用されません。また虫歯の状態によっては適用されない場合があります。

まとめ

誰もが虫歯は嫌ですよね。また歯医者さんのギュイ~ン!っていう音も

聞いてるだけでドキドキしてしまいます。

最近では治療器具も発達していますので、「痛くない治療」「あまり削らない治療」が主流になってきています。

年をとっても自分の歯で食事がしたいですね。そのためには毎日の歯磨きと定期的な歯科検診は欠かすことはできませんね。

スポンサーリンク


 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康, 口のケア, 虫歯
-