probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

免疫力向上!!すごいネバネバ!! がごめ昆布の効能とレシピ

今、大注目の健康食材「がごめ昆布」。普通の昆布の何倍もの粘り栄養素美容健康に良いと評判です。

その「がごめ昆布」とはどういうものか、またレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

がごめ昆布って何?

表面が凸凹していて「かごの目」に似ているところから「がごめ昆布」と呼ばれるようになったといわれています。正式名称は「がごめ」で褐藻コンブ目コンブ科トロロコンブ属に分類されています。がごめの特徴は、表面全体に凸凹の模様があり、長さ3m、幅は20cm~50cmの大きさになります。

採れる地域は、北海道南部や東北地方の北部で最大の漁場は函館周辺です。この付近は千島海流と黒潮の合流しており、大小30程の河川が流れ込むためミネラルや栄養分が豊富な為、昆布がよく育ちます。

ネバネバがすごい!!

一番の特徴としては、そのネバネバしたとろみです。このとろみの主成分は、良質の「水溶性粘性多糖類」や「水溶性食物繊維」のフコイダンアルギン酸ラナミンで、とくにフコイダンの含有量は他の昆布の2倍以上含まれています。これらの栄養素が健康と美容に効果があり、さまざまな用途で活用、商品化が盛んになっています。その他の栄養素として、ヨウ素グルタミン酸カリウム鉄分カルシウムなども含まれています。鉄分は牛乳の30倍以上、カルシウムは5倍以上含まれています。

がごめ昆布の効能

がごめ昆布に含まれる栄養素は、健康や美容に大変良いとして注目されています。

  • アルギン酸:高血圧の抑制・腸内の不要物の排出に効果がある
  • ラナミン:抗がん作用・肌の保湿効果・血管内の血栓を溶かす性質がある
  • フコイダン:抗がん作用・免疫機能の向上・高血圧の抑制・高脂肪化抑制・アレルギー改善

これらの効能からダイエットや生活習慣病の予防に効果が期待できます。

ダイエット効果は?

がごめ昆布に含まれているヨウ素には、脂質や糖質の代謝を促進する働きがあります。このため体脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。また新陳代謝を促進する効果もあります。「水溶性食物繊維」は余分な脂質・糖質とひっついて、そのまま体外に排出する働きがあるため、脂質や糖質の吸収を抑制することができます。同時に摂取カロリーを抑制することに繋がります。さらに「水溶性食物繊維」は難消化成分であるため、胃にとどまる時間が長いので腹持ちがよく、空腹を感じにくくなります。

スポンサーリンク

どれぐらい食べればいいの?

がごめ昆布は1日に2g摂取すると効果的といわれています。食前または食中に摂取することで過食を防ぐことができます。ただし、がごめ昆布に含まれるヨウ素は、過剰に摂取すると甲状腺機能の異常などの健康被害を引き起こす可能性があるため、体に良いからと食べ過ぎるのはやめましょう。

おすすめレシピ

お土産などで売っている乾燥したものは、お湯で戻して使います。がごめ昆布の粘り成分は熱(60度以上)に弱いので、加熱せずに調理するのをおすすめします。

納豆あえ

ネバネバしたもの同士の簡単レシピです。細切りのがごめ昆布と納豆を混ぜるだけ!昆布に塩分が含まれているので、味をみながら醤油などを加えましょう。お好みでネギやミョウガなどを加えても美味しいです。

刺身あえ

お好みのお刺身と混ぜ合わせておいておきます。昆布じめ風の美味しいお刺身が出来上がります。

手作り松前漬け

<材料>

  • がごめ昆布 20g
  • スルメイカ 1枚
  • にんじん  1本
  • 数の子   2~3腹
  • しょうゆ  50cc
  • 日本酒         50cc
  • みりん         50cc

<作り方>

  1. 材料はすべて細切りにします。スルメが硬い場合はハサミで切りましょう。数の子は1口大に切ります。
  2. がごめ昆布は水洗いして水気を切っておきます。数の子は水に漬けて塩気を抜きます。
  3. しょうゆ・日本酒・みりん・を鍋に入れ、アルコール分をとばします。アルコールがとんだら火を止め、粗熱をとります。
  4. 保存袋に具材と粗熱をとった調味料を入れ混ぜ合わせ、冷蔵庫へ入れます。
  5. 1日1回、袋を揉んで、がごめ昆布の粘りを全体に絡ませるようにかき混ぜます。2~3日で出来上がります。

まとめ

通信販売でお手軽に手に入れることができます。血圧や血糖値が気になる方や、ダイエット中の方にはおすすめです。ただし薬ではありませんので、あくまでも健康食品ということで、いつもの食事にプラスしてみましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-レシピ, 健康