probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

カシスにはすごいパワーと効能効果があった!?簡単無添加ジャムのレシピはこれだ!

2017/12/06

カシスといえば「カシスソーダ」などリキュールが有名ですが、タルトなどのケーキ類やチョコレートなど幅広く使われています。最近はカシスに含まれている成分に注目されて、サプリやドリンクなども販売されています。

カシスとはいったいどんな食べ物なのでしょうか?

スポンサーリンク

カシスの驚きのパワー!

カシスはポリフェノールを多く含んでいますが、特に「アントシアニン」が豊富に含まれています。アントシアニンはポリフェノールの一種で、野菜や果物にある赤紫色の色素成分です。ベリー類、りんご、ぶどう、茄子などに含まれています。カシスにはアントシアニンがたくさん入っているため、深い紫色をしています。

アントシアニンといえばブルーベリーが有名が、なんとカシスにはブルーベリーの3〜4倍のアントシアニンが含まれているのです!しかもブルーベリーには含まれていないアントシアニンがカシスには含まれています。

また、ポリフェノール以外にもビタミンCが他の果物よりも豊富で、βカロテンなどのビタミン類がバランスよく含まれています。そしてカルシウムやマグネシウムなどのミネラルや食物繊維も、バランスよく豊富に含まれていて、現代人にとって必要な栄養素をバランスよく含む理想的な「スーパーフルーツ」なのです!

カシスってどんなフルーツ?

「カシス(Cassis)」とはフランス語で、日本名は「黒すぐり」、英語名は「ブラックカラント(Blackcurrant)」です。カシスはユキノシタ科の植物、ブルーベリーはツツジ科の植物なので、植物学的に全く違う種類です。

カシスは高さ2mほどの落葉の低木で、ニュージーランドや北欧、カナダなど比較的に涼しい地域で生息しています。日本では主に青森県での栽培が盛んで、日本の生産量の90%を占めています。収穫時期は7月〜8月の夏です。

カシスの効能

ヨーロッパでは18世紀には「若返りにも効果がある万能薬」として民間薬として用いられていました。カシスの効能には次のようなものがあります。

活性酸素を除去する

活性酸素は癌など様々な病気の要因とされていますが、カシスに含まれているアントシアニンはカシスアントシアニンと呼ばれ、他のベリー類と比べて活性酸素を除去する効能が強いことが分かっています。これらのカシスの抗酸化作用は目の老化を軽減し、視力低下や眼病の発生を抑制するといわれています。

毛細血管血流を改善

毛細血管の血流不足は、冷え性、肩こり、腰痛、肌荒れやニキビなどの要因になります。また目は毛細血管が集中しているため、血流不足による障害が起きやすい場所です。眼精疲労、緑内障、白内障などは毛細血管の血流不足が関係していると考えられています。

スポンサーリンク

カシスポリフェノールは毛細血管を拡張して血流を改善する効能があり、これらの症状予防、改善する効果が期待されます。さらにカシスアントシアニンは代謝されずに血管へ移動するため、即効性も期待できます。

毛様体筋を弛緩させる

毛様体筋とは目の水晶体w調節してピントを合わせる筋組織です。近くを見る時は毛様体筋が緊張し、遠くを見る時は弛緩します。毛様体筋の緊張が続くと眼精疲労、ピントフリーズ現象、近視や老眼など視力低下につながります。

カシスアントシアニンには毛様体筋を弛緩させる働きがあります。これにより目をリラックスさせる事ができるので、目の疲れやピントフリーズ現象の軽減に効果があります。

ロドプシンの再合成を促進

ロドプシンとは網膜にある光を感知する色素で、暗い場所でものを見る時に必要な物質です。ロドプシンは光に当たると分解し、その後再合成します。老化や目の使いすぎなどにより網膜の機能が低下すると、ロドプシンの再合成が遅くなります。そうなると暗い場所でものが見えなかったり、目が疲れることになります。

アントシアニンにはロドプシンの再合成を促進する効能があることが分かっており、特にカシスアントシアニンはその効能が強いといわれています。

カシスを使ったレシピ

無添加 手作りジャム

〈材料〉

  • カシス(生でも冷凍でも):1kg
  • グラニュー糖:600g

〈作り方〉

  1. カシスを水洗いします。花びらやツルなどをキレイに取り除きます。
  2. 水切り後、鍋に入れてグラニュー糖を混ぜ合わせて30分以上なじませます。
  3. 弱火にかけてゆっくりと煮ていきます。30分以上煮てお好みの粘り具合になったら完成!

とっても美味しい、体に良い無添加ジャムです。保存期間を長くしたければ、グラニュー糖の量を増やしてください。

カシス入りベイクドチーズケーキ

〈材料〉

  • クリームチーズ:200g
  • ヨーグルト:100g
  • 生クリーム:100g
  • 砂糖:70g
  • 卵:2個
  • レモン汁:大さじ1
  • 薄力粉:30g
  • ビスケット:50g
  • 溶かしバター:40g
  • カシスジャム:80g

〈作り方〉

  1. ビスケットを袋に入れて、めん棒で叩いて細かくし、溶かしバターを入れてなじませます。
  2. 型にオーブンシートを敷き、ビスケットを平らに敷き詰めます。
  3. カシスジャム以外の材料をしっかりと混ぜ合わせ型に流し入れ、ジャムをちらします。
  4. 180℃で40分焼いて、あら熱がとれたら型からはずし、冷蔵庫でよく冷やして完成!

材料を混ぜ合わせるだけで、美味しいチーズケーキが出来上がります!

まとめ

カシスはとっても目に良いフルーツだと分かりましたね。それだけではなく疲労回復や冷え性の改善にも効果があり、まさにスーパーフルーツです!みなさんも是非試してみてください。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康