probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

秋の味覚「さんま」〜驚きのパワーと美味しい焼き方


「食欲の秋」には美味しいものがたくさんありますね!

中でも「さんま」は秋に旬を迎え、脂がたっぷり乗っていてとてもおいしいですね。

最近では冷凍技術や輸送機能の向上により、さんまの刺身など生で食べられる機会も多くなりましたが、やはりさんまと言えば塩焼きですね。

その美味しいさんまには、実は体に嬉しい栄養素がたっぷりと含まれています。

青魚は体に良いと言われていますが、さんまにはどのような栄養素が含まれているのか、また塩焼きのおいしい焼き方もご紹介します。

スポンサーリンク

 さんまとはどんな魚でしょう?

さんまはその体の形状が刀に似ており、秋にとれる魚の代表であることから「秋刀魚」と書きます。回遊魚で、夏にオホーツク海などの北の海から始まり、秋に本州を通過して冬に南の海へと向かっていきます。

日本を通過する時が秋なので、秋にたくさん美味しいさんまが取れるのですね。また南に向かって泳いでいく時に、エネルギーが必要なので脂がのっていると言われています。

さんまに含まれる栄養素

DHA

必須脂肪酸の1つであるDHA(ドコサヘキサエン酸)が、さんまの脂肪分にたくさん含まれています。

DHAには、神経細胞の細胞膜を柔らかくして、学習能力や記憶力を高める働きがあります。また血液中に含まれる中性脂肪の量を減少させる働きもあり、心臓病や脳梗塞などの予防に効果があると言われています。

近年では認知症の予防に効果が期待されています。

EPA

不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)が、さんまの脂肪分に含まれています。

EPAには、血液をサラサラにする働きがあり、血液が固まってしまう病気の「心筋梗塞」や「脳血栓」などを防ぐ効果が期待できます。

その効果は医学的にも証明されており、医療用の医薬品にも使われています。

人間の体内では作り出すことができず、魚以外の食物にはほとんど含まれていません。

カルシウム

人間の体内で最も多いミネラルの1つであるカルシウムですが、 さんまにはカルシウムがたくさん含まれています。

カルシウムは、筋肉や神経の働きに重要な役割を果たしていると言われています。

血液中のカルシウムが不足してしまうと、血圧が高くなったり、不足分を補うために骨の中からカルシュームが溶け出し、骨粗しょう症の原因になると言われています。

また神経や脳の働きに必要なカルシウムの不足の状態が続いてしまうと、ちょっとしたことでイライラしたり興奮したりなど、不安定な状態になっていく原因となります。

ビタミンA

さんまにはビタミンAが豊富に含まれています。

ビタミンAには目の機能を正常に保つ効果があります。点眼薬にビタミンAが含まれているものもたくさんありますね。

目の網膜で光を感じるためには、「ロドプシン」という物質が必要だと言われています。ビタミンAは体内でロドプシンを作る際に必要な栄養素です。

ビタミンが不足し、ロドプシンの合成量が少なくなってしまうと、光を敏感に感じすぎて眩しく感じたり、夜に視力が低下してはっきりとものが見えなくなる「夜盲症」になる可能性もあります。

スポンサーリンク

タンパク質

タンパク質は体を構成する細胞の主成分で、体の様々な部分を構成しており、とても重要なエネルギー源です。

タンパク質が不足してくると抵抗力が弱まり、病気になりやすくなります。また脳の働きも鈍り、思考力や記憶力が低下します。

卵や肉にもタンパク質がたくさん含まれていますが、あまりたくさん食べてしまうと動物性脂肪の取りすぎになってしまい、コレステロールなどに注意する必要があります。

さんまに含まれるタンパク質は、逆にコレステロール等を正常に保効果があると言われています。

 

体に嬉しい栄養素ばかりですね。青魚は体に良いとされていますが、おいしいサンマを食べて健康になるのであればとても嬉しい事ですね。

それでは美味しいサンマの焼き方を見てみましょう。

さんまの塩焼きの焼き方

img_0248

さんまのうろこを確認する

焼く前の下ごしらえの最初はうろこを取りましょう。さんまは水揚げされる時に、ほとんどのうろこが取れてしまうので、表面に付いていないかを確認する程度で大丈夫です。青色のうろこが付いていれば包丁の先で撫でるようにして取り除きます。

うろこを取り除いたら、さっと水洗いしてよく水気を拭き取ります。

塩加減

醤油をかけたり、大根おろしがあるかなど、食べる状況によって少々変化しますが、基本的なさんまの塩焼きの塩加減は、さんま1匹に対して塩小さじ3分の1 (約2グラム)です。

塩はさんまの中央の身の厚い部分に多めに振るようにし、両面に均一に塩をします。

新鮮なさんまは焼く直前に塩をしても大丈夫ですが、通常のスーパーで売っているさんまは、塩を振って15分ぐらい置いてから焼くと臭みもなくおいしい塩焼きができます。

魚焼きグリル

魚焼きグリルを使う場合、強火で2〜3分ほど空焼きをしてからさんまを入れると、皮が網につきにくくなり、きれいな焼き上がりなります。

さんまを入れたら火加減を少し弱くし、中火でさんまを焼きます。焼く時間の目安は1匹につき約5分です。

皮がパリッと香ばしくなれば出来上がりです。

まとめ

いかがでしたか?とても体に良い栄養素ばかりで、しかも美味しく食べられるとは、何とも嬉しい事ですね。

いろいろな焼き魚がありますが、やはり秋はさんまですね!

最近は漁獲量が減っていると言うニュースをよく聞きますが、少々高くなってもやはり秋にはさんまを食べたいと思います!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-グルメ, 健康