probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

梨の栄養にはスゴイ効能があった!!その選び方と色は?

2017/12/28

秋に美味しい筍の梨。スーパーにいろいろな種類の梨が並んでいてどれも美味しそうですね。有名なものでは「二十世紀梨」や「幸水」「豊水」など、種類によって食感が違い、好みが分かれるでしょう。

そんな梨ですが、実は美容や健康にとても良いとご存知でしたか?

梨に含まれている栄養素と、その効果にはどのようなものがあるのか、見てみましょう。

スポンサーリンク

実はすごい梨の美容パワー

梨独特のザラザラ食感!?

なしを食べると独特なざらざらとした食感がありますよね。その食感の正体は「ペントザン」と呼ばれる石細胞の1種です。ペントザンの特徴としては、とても強い吸収力を持っていることです。なので保湿効果が期待されており、化粧水などにも含まれています。

またペントザンには腸の調子を整えたり、脂肪分解したり、お肌の調子を良くしてくれる効果が期待されています。あのザラザラした食感にこのような効果があったなんて驚きですね!では他にどのような成分が含まれているのでしょうか?

豊富に含まれている「カリウム」

梨にはカリウムが豊富に含まれていると言われています。カリウムの効果としては体内の余分な塩分を排出する働きがあります。そのため顔や全身を「むくみ」を取る効果が期待できます。顔や足のマッサージをして、梨を食べれば、カリウムの効果でむくみ対策もバッチリですね。

タンパク質分解酵素「フィシン」

私たちが美しい肌を保つためには顔の筋肉が必要です。そのためには肉から得られるタンパク質が大変重要です。しかし食べ過ぎてしまうと消化不良となってしまい、上手に排出することができなくなり、皮膚からも老廃物を排出しようとしてしまいます。それにより「肌荒れ」や「吹き出物」「ニキビ」ができてしまいます。

「フィシン」はタンパク質分解酵素の一種で、イチジクの茎の乳汁に多く含まれています。梨にも含まれており、このフィシンの作用により消化を促進し、肌にかかる負担が軽減され肌荒れの帽子につながります。

梨は低カロリー!

果物のなかでもカロリーが低いとされている、バナナ、ぶどう、りんごと比べても梨はカロリーが低いです。バナナのカロリーの2分の1しかありません。特にダイエットをしている人には、美容の面からもカロリーの面から見ても、とても優れた果物ですね。

スポンサーリンク

美味しい梨を見つけましょう

  • 梨は実は当たり外れの多い果物と言われています。せっかく買うのだったら、美味しいものを買いたいですよね!梨を買うときの見分け方をご紹介します。
  • 梨の底の部分には、「リング」と呼ばれる少し色の変わった輪っかが見えます。そのリングがはっきりと見えるものがオススメの梨です。
  • なしは水分が多い果物です。手に取ってみてずっしりと重たいもの、皮がみずみずしくハリのあるものを選びましょう。
  • 皮の表面に見える点々の間隔が比較的広いものがオススメです。また皮は最初はざらざらしているのですが、熟していくとツルツルとしてきます。買った時にザラザラしているものはしばらく置いてから食べるといいですね。

とても簡単な見分け方ですので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

毎年何気なく食べているな梨ですが、意外に美容や健康に良いことがわかりましたね。秋のこの時期にしか出回らない梨を、これからはありがたく食べたいと思います!

ちなみに私はすりおろした梨をカレーに入れて煮込みます。もちろんりんごでも美味しいのですが、梨は水分がとても多いので、水をほとんど使わなくて作ることができます。

梨の量としては4人分のカレーで、梨を丸々2個使います。辛口のルーを使うと、最初食べた時は甘くて、後から辛さが追いかけてくる、とても美味しいカレーが出来上がりますよ。

ぜひお試しを(^^)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康