probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

9月にも夏バテの症状!だるい体を解消しましょう!


夏に湿度や気温が高い状態が連日続いてしまうと、私たちの体に大きなストレスとなってしまいます。

連日の猛暑で体に大きく負担がかかってしまうと、「食欲不振」や「ダルさ」といった不快な症状を引き起こしてしまいます。

多くの場合は涼しい季節が訪れると、これらの症状も軽減されるのがほとんどのケースです。

しかし、何人かの人は夏が終わっても、夏バテのようなダルさが体に残ってしまったり、逆に体調を崩してしまう場合があります。

夏が終わっても残る「ダルさ」の原因と解消方法をこれから見てみましょう!

スポンサーリンク

夏バテとは?

一般的に「夏バテ」とよく言われますが、この「夏バテ」はどうして起こるかご存知ですか?

主な原因としては湿度や気温が高い日が続くことによって、全身の疲労感が様々な症状となって出てきます。

夏バテの症状としては「食欲不振」「下痢」「便秘」などのほかに、何となくだるさを感じる倦怠感や無気力といった症状もあります。どの症状も重篤なものではないため、病気と言うほどでもなく、特別な治療法があるわけでもありません。

もし夏バテと言われるような症状があったとしても、夏が過ぎて涼しい季節になれば、これらの夏バテの症状が治まると思っている人も多いことでしょう。

しかし夏が終わってもダルさが残ってしまうことも少なくはありません。

これを「夏バテ後遺症」または「秋バテ」と言います。

「秋バテ」と言う言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれません。この「秋バテ」とは一体どんなものか見てみましょう。

秋バテとは?

この「秋バテ」は、夏の疲労感や倦怠感が「自律神経失調症」を起こしてしまうことで、様々な症状を引き起こすと言われています。

自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。

  • 慢性的な疲労だるさ
  • めまい
  • 偏頭痛
  • 動悸
  • ほてり
  • 不眠
  • 便秘
  • 下痢
  • 微熱
  • 耳鳴り
  • 手足のしびれ
  • 口や喉の不快感
  • イライラ・不快感
  • 疎外感・落ち込み
  • やる気が出ない
  • 憂鬱になる
  • 感情の起伏が激しい
  • 焦りを感じる

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして様々な症状が出ます。最近は内科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科や心療内科などの専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。ただし自律神経失調症だからと思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので注意しましょう。

自律神経失調症という言葉はよく聞きますが、けっこう怖い病気ですね。たかが夏バテと思って簡単に考えてしまうと後々大変なことになりかねません。十分な注意が必要ですね。

それではこの夏の疲労感の症状を解消するためには、どういったことが必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

「夏バテ」「秋バテ」の原因と対処方法

夏が終わってもダルさを残さないためには、夏バテが起こったときに対処し、少しでも早く夏バテの症状を改善することが大切です。

夏バテの症状が起こる原因は、暑くて汗をかくことにより体内の水分やミネラル不足によるものです。また、胃の消化機能が低下して食欲がなくなってしまうことも原因の1つです。

食欲がないからといって、食事を十分取らない生活を続けていると、栄養不足になってしまい、体のだるさや疲れをより感じるようになります。

また冷房による室内と屋外の気温の差が、体温を調節する自律神経に影響を与え、自律神経失調症を引き起こしてしいます。

以上が夏バテが起きる大きな原因です。それらを踏まえて、どのように対処すればいいかを考えていきましょう。

夏バテを起こさないための5つの生活習慣

水分だけではなくミネラルの補給も大切

暑い日には私たちは大量の汗をかいてしまいます。喉が渇いたと感じる前に水分補給をすることが大切になります。この時に摂取する水分は、水やミネラルが豊富に含まれているスポーツドリンクのようなものを飲むようにしましょう。ただし冷たすぎる飲み物や甘いものばかり飲んでいると、食欲不振になったり食事に悪い影響が出ることもあります。水分の取りすぎと、どのような物を飲むかを考えるのも大切です。

食事を大切にする

食事の栄養バランスを考える事は夏に限らず大切なことです。特に暑い日には、どうしてもあっさりとしたそうめんや冷やし中華など、冷たいものや栄養の偏ったものを食べがちです。タンパク質やビタミンなどバランスを考えた食事を心がけましょう。

適度な運動で自律神経を整える

日ごろからウォーキングなど適度な運動する習慣を身に付けておくと、夏の暑い季節に乱れがちな自立神経を整える事ができます。夏の時期の運動は熱中症予防の観点からも、暑い時間帯を避けて朝や夜などの気温が低い時間に行うようにしましょう。比較的涼しい時間帯の軽い運動はストレス解消にもつながります。

冷房による体の冷えに注意する

室内の温度を低くしすぎてしまうと、外と室内の温度下が開き過ぎてしまい、自律神経の乱れにつながりやすくなります。冷房の設定温度に気をつけましょう。会社やオフィスなので室温を調節するのが難しい場合は洋服なので調節しましょう。また内臓を温めることも大切になりますので、冷たいものを飲みたくなったりしますが、温かいコーヒーやお茶、温かい食事をとるように心がけましょう。

質の良い睡眠をとり睡眠不足にならない

睡眠を十分にとることは、健康を維持していくためにはとても大切なことです。熱帯夜が続いてしまうと十分な睡眠をとることができないので、エアコン等で調節しながら快適な温度の中で睡眠をとることが大切です。以前はエアコンのつけっぱなしは体にも電気代にも良くないと言われていましたが、最近ではつけっぱなしにする方が電気代も安く上がり、快適な温度を維持するためには良いとされています。設定温度は低くせずに自動運転などで温度を一定に保つことが大切です。寒いと感じる場合は、エアコンの設定温度を変えずに寝具で調節する方が良い睡眠をとることができるでしょう。

夏の終わりの気温の変化に注意

夏の終わりごろになると、昼には暑さが残っていても、朝と夜の気温がぐっと低くなり日中との温度差がかなりあります。この温度差に体がついていかずに、風邪をひいてしまう場合もあります。

単に気温の変化についていけずに起こるのではなく、夏の疲れが原因で涼しくなった途端に体調を崩してしまうことが多くあります。

夏の疲れを癒すためにも、ぬるめのお湯に長めに入浴したり、温かい食事を意識して摂るようにするなど体を温めることを大切にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?こうして見てみると、当たり前だなぁと思うことがたくさんあると思います。しかしこの「当たり前」だと思っていることを「当たり前」にできないのが私たち人間ではないでしょうか?

頭では当たり前だと思っていても、どうしてもめんどくさかったり、暑いからといって冷たいものばかりを食べたり飲んだりしてしまいがちです。意識して温かいものを食事に取り入れてみましょう。

特に睡眠はとても大切だと思います。あなたは質の良い睡眠を取れていますか?私は以前睡眠を上手にとることができず、体調を崩しててしまったことがあります。

その時に睡眠の大切さを心から認識しました。

夏の時期に限らず、良い睡眠をとることを心がけてみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康