probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

閉経の起きる年齢と症状は?兆候とケアの方法は?


女性であればいつかは迎えることになる「閉経」は、いつごろ起こるのでしょうか?

また閉経が近づく時に見られる症状や、閉経とはどのようなものなのか、どのような変化が起こるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

閉経とは

閉経とは、加齢により卵巣の機能が低下して、生理的な月経が永久的に停止する状態のことをいいます。 45歳以上の女性で、1年間連続して月経が見られない場合に閉経と診断されます。

閉経の平均年齢は、50から52歳と言われていますが、個人差があり、40代後半から50代後半までに見られるのが一般的です。

中には40代前半から20代の早いうちから閉経がみられる女性もいます。若くに閉経を迎える事は「早発閉経」と呼ばれ、不妊治療の対象となる場合もあります。

逆に、50代半ばを過ぎても月経が届いている女性は「遅発閉経」と呼ばれます。この場合、ホルモンが原因の悪性腫瘍が隠れている場合もあるので、注意をする必要があります。

なぜ閉経が起こるの?

加齢によって卵巣の機能が低下して、排卵が起こらなくなると、卵巣から分泌される卵巣ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下します。

月経周期には、卵巣から「卵胞」が発育し排卵が起きると、黄体ホルモンが分泌されます。しかし排卵が起こらなくなると、黄体ホルモンも分泌されず低下します。

すると脳下垂体から、少なくなった「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の分泌を促そうと「卵胞刺激ホルモン」と「黄体ホルモン」の分泌が活発になります。

しかし卵胞ホルモンの分泌は、物理的にできなくなっているため、卵胞ホルモンと黄体ホルモンは低下したままで、卵胞化ホルモンと黄体ホルモンが大変多くなってしまい、ホルモンのバランスが崩れた状態になってしまいます。

今までは周期的に分泌されていた女性ホルモンのバランスが変化するため、様々な症状がみられるようになります。

ホルモンのバランスの変化により閉経が起こることが分かりましたね。ではその兆候と症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

閉経が起こる兆候とその症状

卵巣機能の低下は突然起こるものではなく、徐々に起こり始めます。ホルモンバランスの変化から様々な身体的症状や精神的症状がみられるようになります。

  • 月経の乱れ・・・卵巣機能が低下して、月経が周期的に起こらなくなります
  • 経血量の変化・・・閉経が起こる前は量が多くなり、短い日数で終わることもあります
  • ホットフラッシュ・・・顔や首のほてり、発汗、動悸、だるさ、めまい、肩こり、頭痛などの身体的症状
  • 精神的な症状・・・イライラ、気分の落ち込み、情緒不安定、不安感、眠れない、涙もろくなる、やる気がなくなるなどの症状
  • その他・・・便秘、下痢、食欲不振、吐き気など

更年期がみられる50代前後の女性は、子供が独り立ちするなど生活の環境が変化する時期でもあり、周辺の環境や本人の性格などの影響で、人によって症状の出方や重さが違います。

生活に支障をきたすほどの重い症状は「更年期障害」と呼ばれ、場合によっては治療の対象となります。

私の知り合いにも更年期障害の方がいますが、とても辛そうです。では閉経を迎えた後にはどのような症状があるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

閉経後の症状

閉経を迎えた後は「エストロゲン」の分泌がなくなることによって、次のような症状がみられます。

  • 生殖器や泌尿器の萎縮症状が起こり、陰部のかゆみや失禁、性行時に痛みを伴うこともあります
  • 膣や尿道の内膜が乾燥しやすく、傷つきやすくなっているので、膣炎や尿路感染性が起こりやすくなります
  • タンパク質が減少するので、肌の乾燥やかゆみ、湿疹、たるみ、しわなどが増えやすくなる
  • エストロゲンは骨量の維持にも影響しているので、骨粗鬆症や骨折、腰痛、関節痛などの原因にもなります

ホルモンの分泌が変化することにより、様々な不快な症状が現れるというのは、なんとも嫌なものですね。ではその対処法にはどの様なものがあるのでしょうか?

閉経を迎えるにあたり

閉経によって起こる症状をあらかじめ知っておくことで、その対処を行うことができます。

  • カフェインを控える・・・ホットフラッシュ現象は、コーヒーや紅茶などのカフェインが原因で起こることも多いので控える方が良いでしょう
  • ストレスを発散する・・・イライラや不眠などの症状を和らげるために、ストレスを発散しリラックスできる環境を作りましょう。適度な運動や、呼吸を深くすることにより自律神経を安定させることも効果的です
  • 筋肉を鍛える・・・尿失禁の予防には、お尻の周りの筋肉を鍛えることが大切です。ウォーキングや階段の上り下り、ストレッチや体操なども効果があります

生活習慣を改善しても症状の緩和が見られない場合は、婦人科を受診してホルモン療法を受けることも1つの方法です。しかしホルモン療法によって乳がんや脳卒中認知症などのリスクが高くなることも報告されていますので、治療にあたっては慎重に行うようにしましょう。

まとめ

  • 閉経の卵巣機能の低下によって「エストロゲン」の分泌が減少することで様々な症状がみられます
  • 閉経前後はホットフラッシュやイライラなどの精神症状がみられ、骨粗鬆症などの疾患リスクも高くなります
  • 閉経の症状を事前に知っておくことで、対処しその症状で和らげることができます

閉経は女性であればいずれ迎えることになります。閉経を迎える年齢になり、その兆候が現れたら、心構えをしっかりし冷静に対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康