probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

柿の栄養がスゴイ!!二日酔い解消にも効果があるレシピ


秋になれば栗やサンマ、松茸など、たくさんの美味しいものがありますが、中でも特にオススメなのが柿です。

「柿が赤くなれば医者が青くなる」という言葉がありますが、柿には美容と健康に役立つ栄養がたくさん含まれています。

柿の栄養素の効果と、おススメのレシピを紹介します。

スポンサーリンク

柿のすごい栄養素

柿の栄養素で最も注目すべきは「タンニン」と言うポリフェノールです。柿に含まれるポリフェノールは、なんとブドウの5倍です!ポリフェノールの効果としては、強力な抗酸化作用により老化防止が期待できます。

さらにビタミンCはグレープフルーツの約2倍含まれており、βカロテンも豊富に含まれています。ビタミンCとβカロテンにより、夏の紫外線のダメージを癒して、しみ、しわ、たるみなど、お肌のトラブルの改善に効果があります。

ポリフェノールと言えばブドウの皮やトマトにたくさん含まれているイメージがありますが、柿にも豊富にポリフェノールが含まれているのですね。

ではどのように食べれば様々な効果が得られるのかみてみましょう。

効果に合わせた柿のレシピ

美肌のために「柿ヨーグルト」

お肌を美しく保つためには、柿にヨーグルトをかけて食べるのがオススメです。柿に含まれている豊富なビタミンCと共に、ヨーグルトの乳酸菌が加わることで腸内環境が良くなり肌効果が期待できます。

風邪をひいたら「柿のすりおろし」

柿にはビタミンC、ビタミンA、カロテン、タンニンなどの栄養が豊富に含まれています。これらの栄養素を取ることで、ウィルスに対する抵抗力を強めることができます。また喉や鼻の粘膜を保護する働きがあり、風邪の予防にも大きな効果があります。

風邪をひいてしまって熱があり、食欲がない時などには柿をすりおろして食べましょう。柿の細胞が潰れることにより、消化が良くなり効率よくかけに含まれている栄養素を吸収することができます。

柿のすりおろしに、上記のようにヨーグルトをかけて食べるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

二日酔いには「柿ジュース」

昔から柿は「二日酔いに効果がある」と言われていますが、なぜでしょうか?

柿には「カタラーゼ」と言う酵素が含まれていて、アルコールの分解を活発にして、有害物質である「アセトアルデヒド」の分解を早くする作用があります。またビタミンCとタンニンには血液中のアルコールを排出する作用があります。

これらの働きにより、前日飲み過ぎて残ってしまった、アルコールの分解と排出をすみやかにしてくれるため、二日酔いに効くと言われているのですね。

二日酔いだなと思う朝には柿を食べて体調整えましょう。また食欲がないときには、柿と氷と、少しミルクを入れてミキサーにかけてジュースにしましょう。

どのレシピも特に朝に食べれば効果が期待できます。朝忙しくて時間がない時などでも、柿を食べて1日の始まりを、元気に美しく始めてみましょう。

干し柿の栄養は?

干し柿も、独特の食感や甘みで美味しいですね。干し柿にすると、食物繊維やβカロテンは多くなりますが、ビタミンCは失われてしまいます。

さらに糖分が増え、カロリーが高くなりますので、ダイエットしたい方には生の柿の方がおススメです。

まとめ

日本に昔からある柿。最近の若い人や子供たちは、あまり柿を食べないという記事を読んだことがあります。

旬の熟れた柿はとても美味しいですよね。栄養もたくさんあり美味しい柿は、ぜひとも子供たちにも食べて欲しい果物です。

これから寒くなっていきますが、柿の栄養素を美味しく取り入れ、風邪に負けない体を作り、美しい肌を保つようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-レシピ, 健康