probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

花總まりが大河ドラマに出演!実際の年齢に驚きの事実が?!実家は名家の醍醐家だった!?

引用元 http://akiraxx.com

2017年1月からスタートしたNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に元宝塚娘役トップスターの花總まり(はなふさまり)さんが出演しています。

花總まりさんは宝塚歌劇団の歴史の中で最も長く娘役トップを努めた女優さんで、宝塚ファンの間からは今回の大河ドラマ出演に喜びの声が上がっています!

実は花總まりさんには様々な「都市伝説」や、気になる情報がたくさんありますので、それらをまとめてみました!

スポンサーリンク

花總まりのプロフィール

  • 生年月日:1973年2月28日
  • 出身地:東京都
  • 身長:163cm
  • 血液型:O型

花總まりさんは1991年に第77期生として宝塚歌劇団に入団します。1992年にはすでに娘役の2番手に抜擢されるなど、早い時期から愛らしい容姿で注目される女優さんでした。

1994年には雪組の娘役トップに抜擢され、一路真輝さんの相手役として人気を博しました。1998年には宙組の創設メンバーとして初代宙組の娘役トップに就任します。特に2000年からは和央ようかさんとトップを組み、名コンビとして大変な人気を誇りました。

2006年に退団するまで5人のトップの相手役を12年もの長い期間努め、100年の宝塚歌劇団の歴史の中で、娘役トップ在任期間最長の記録を持っています。それにより宝塚の「女帝」とも呼ばれています。

美しい容姿と素晴らしい演技力、そして抜群の歌唱力を持っていて、まさに娘役トップを努めるために生まれてきたような方です。「ベルサイユのばら」のマリー・アントワネットなど、「お姫様役をやらせると右に出る人はいない」とも言われていました。

私は一度宝塚歌劇団の舞台で花總まりさんを見たことがあるのですが、とにかく顔が小さい!まさにお人形さんのようで、とっても美しかった印象が残っています!演技も歌も素晴らしかったですよ!!

人気記事:中居正広の2017年現在の彼女は誰だ?木村拓哉と香取慎吾の関係が実はヤバかった!

退団後の活動は?

2006年の退団後は宙組でトップを組んでいた和央ようかさんの個人事務所に取締役として迎えられ、和央ようかさんのマネージャーを努めていたと言われています。2010年に舞台での女優復帰と共に和央ようかさんの事務所を辞めています。

宝塚歌劇団在籍当時から、花總まりさんと和央ようかさんは公私共に大変仲が良く、「結婚するのではないか?」との噂もでるほどでした。なので、和央ようかさんの事務所を辞めたときに「破局したのか?」とも言われていました。

花總まりさんは約4年もの間、裏方のお仕事をしていたのですね。実力のある女優さんなのに勿体無い気がしますね。2010年からは積極的に舞台に出演しています。とくに「エリザベート」は大人気で、評価もとても高いです。

やはりお姫様役がピッタリハマる花總まりさんです!

2017年大河ドラマに出演!

これまで舞台での出演がほとんどで、あまりテレビに出演しなかった花總まりさんですが、2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に出演していて、その美しさに早くも注目が集まっています!

引用元 https://twitter.com

花總まりさんの演じているのは、後に徳川家康の正室となる「瀬名」の母親「佐名」役を演じています。佐名は少女の頃から今川家の人質として出されていて、少し陰のある女性です。

花總まりさんは舞台を中心に活躍されており、実は今回テレビドラマ初出演なのです!宝塚ファンからは喜びの声がたくさん上がっています!

日本のお姫様役でもしっくりきますね!着物姿がお似合いです!お芝居もやはり上手で、今後テレビドラマにもたくさん出演してほしいですね。

スポンサーリンク

実際の年齢にビックリ!

花總まりさんは1973年2月28日生まれの、なんと43歳!もうすぐ44歳!!

引用元 http://www.asahi.com

こちらの写真を見ていただければお分かりだと思いますが、メークをそんなにしていなくても若々しくて美しいですよね!少し童顔だから若く見えるのでしょうか?

しかしやはり大人の魅力も感じますよね。透き通ったような美しさが素敵です!その美しさにネット上では「奇跡の40代」と騒がれています!

人気記事:橋本環奈のチャイナドレス姿に太ったの声が!?双子の兄の名前と実際の身長に意外な事実が!?

花總まりの実家は名家だった!?

花總まりさんの実家の家族構成は父、母、兄、姉が2人いて花總まりさんは4人兄弟の末っ子だそうです。母は元松竹歌劇団に在籍してたそうで、そのためでしょうが、小さい頃からバレエなどの習い事をしていたようです。

やはりお母さんの影響が大きかったのでしょう、中学生の時に宝塚歌劇を鑑賞して刺激をうけ、高校そ卒業してから宝塚歌劇団に入団しています。

宝塚歌劇団に入るのは超難関と言われていますので、小さい頃からの習い事が功を奏したのと、花總まりさんの持つ才能が素晴らしかったのでしょうね。その証拠に入団2年めにして娘役の2番手に大抜擢されています!

花總まりさんの本名は「醍醐まり子」さんとおっしゃいます。「醍醐」さんて、私のまわりにはいませんねえ。大変珍しい苗字ですよね。醍醐家は名前のイメージ通り大変な名家だそうです!

きっとお金持ちで、素敵な環境で育ってきたのでしょう。お嬢様の雰囲気がありますもんね。その素敵な環境が今の花總まりさんの根本を作り上げたのでしょうね。

しかし宝塚歌劇団で12年もの間娘役トップを努めることは並大抵のことではありません。きっと血の滲むような努力を日々続けてきたからこそ「女帝」と言われるまでになったのだと思います。

まとめ

  • NHK大河ドラマでの和服姿が高く評価されている
  • 舞台中心に活躍しており、今回の大河ドラマがテレビドラマ初出演
  • 43歳という年齢を感じさせない美しさに驚きの声が上がっている
  • 実家は「醍醐家」で名家に生まれている

舞台で抜群の演技力と歌唱力と美しい容姿で絶大な人気を誇り、大活躍している花總まりさん。これからテレビドラマにもたくさん出演してほしいですね。

今後の花總まりさんの活躍に期待しましょう!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-芸能