probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

2017年インフルエンザの初期症状に頭痛や吐き気がある?潜伏期間にうつる可能性があるって本当?


冬に流行するインフルエンザですが、いくら予防していてもかかってしまうことがあります。インフルエンザかも?と思った時にできるインフルエンザの初期症状や風邪との違いを理解しましょう?頭痛や吐き気はあるのか?また潜伏期間にうつる可能性もあるのでしょうか?

スポンサーリンク

インフルエンザの初期症状とは?

インフルエンザの流行期間である12月から3月に、熱が出たり頭痛があると、風邪の症状なのかインフルエンザの症状なのか判断が難しいときがありますよね?インフルエンザは感染力が強いので、家庭や学校、職場などでインフルエンザに感染している人がいる場合、うつっている可能性が高いです。インフルエンザの初期症状を知り、風邪との違いを知っておきましょう!

インフルエンザの初期症状をチェック

  • 38度以上の急な発熱
  • 関節・節々の痛み
  • 筋肉痛
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 激しい咳
  • 倦怠感
  • 下痢、便秘などの腸の機能低下
  • 吐き気・嘔吐

人によって症状の個人差はありますが、上記の症状を参考にしてみてください。インフルエンザの特徴として急に38度以上の高熱が起こること、くしゃみや咳などの局所的症状よりも、全身の痛み、だるさ、筋肉痛が強く症状に現れることが挙げられます。

関連記事:インフルエンザの予防接種・副作用で子供が発熱するって本当?2017-2018の大阪の流行はいつ?

インフルエンザと風邪の症状の違い

一般的な風邪は、様々なウイルスが粘膜を通して体内に侵入し炎症などを起こします。比較的症状は軽く、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・喉の痛み・痰・発熱などの局所的症状がほとんどです。

インフルエンザは「インフルエンザウイルス」に感染することで起こり、一見風邪と似たような症状が出ますが、急に38度以上の高熱が発症し、全身の症状(倦怠感・筋肉痛・関節痛など)が続きます。突然の高熱が出たり全身の症状が発症したらインフルエンザを疑いましょう。

風邪 インフルエンザ
主な症状  くしゃみ・咳・鼻水・はなづまり 倦怠感・筋肉痛・関節痛
発熱  微熱から38度前後 38度から40度の高熱
 場合によっては強い咳  激しい咳
頭痛  軽症  つらい頭痛が出る場合がある
鼻水  初期によく出る  後期に出る
筋肉痛・関節痛  軽症 つらい症状が出る
発症時期  1年中 12月~3月(夏にかかる場合もある)
発病速度  ゆっくり 急に発症する
完治まで  3日から1週間 1週間ほど

熱が出ない症状もある!?

インフルエンザに感染していても、熱が出ない場合もあります。インフルエンザに感染していても熱が出ない理由としては以下の原因が考えられます。

  • B型インフルエンザに感染している
  • 風邪薬や解熱鎮痛剤を飲んだ
  • インフルエンザの予防接種をした

高熱が出ていなくてもインフルエンザに感染しているケースもあります。気づかずに登校したり出社してしまうと、感染が広がってしまいます。少しでも体に異変を感じたら検査してもらいましょう。

スポンサーリンク

潜伏期間にも感染する?

インフルエンザに感染してしまうと、多くの場合急に38度以上の高熱がでて、強い全身の筋肉痛や倦怠感に襲われてしまいます。これらの症状が発症するまでに、インフルエンザウイルスは私達の体にどのくらいの期間潜伏しているのでしょうか?

インフルエンザウイルスの潜伏期間

インフルエンザウイルスの潜伏期間は、なんとわずか1~2日と言われています。非常に短いですね。インフルエンザの前症状として、「全身のだるさ」「強い悪寒」「鼻や喉の乾燥」などが挙げられます。前症状は風邪ととてもよく似ていますが、風邪の場合このような症状を感じてから、明らかな感冒症状が出るまでに期間があります。

一方インフルエンザの場合は、このような前症状を感じたか感じていないかの間に、急激に高熱や全身の倦怠感、筋肉痛、関節痛など、ハッキリしたインフルエンザの症状が現れます。発症の速さが風邪とは異なる点です。

潜伏期間にも感染する?

インフルエンザウイルスは、なんと発症する1日前から感染力をもっていると言われています。インフルエンザウイルスの潜伏期間は1~2日ですから、「感染した当日から感染力を持っている」ということになります。つまり潜伏期間にも人に感染するということです。

症状がはっきりと感じていない発症前からすでに感染力を持っているとなると、感染の拡大を防止することが難しいことがよく分かりますね。毎年学校や職場で流行するのは、このことが理由の1つになっています。この感染力は発症後1週間ほど持続し、特に発症してから3日ほど感染力が最も強いとされています。

インフルエンザウイルスは飛沫感染や接触感染により広がっていきますので、発症したことが確認されると学校への出席を停止するように法律で定められています。感染してしまったらできるだけ他人との接触を避け、感染の拡大を防止しなければなりません。

感染を防ぐことが大切!

インフルエンザウイルスが増殖するスピードはかなり早く、約8時間で100倍に増えると言われています!わずか1個のウイルスが24時間で100万個にまで増えてしまうのです!このインフルエンザウイルスが私達の体内で増幅し数千万個にまで増えると症状が出始め、発症後3日目をピークに減少していきます。

インフルエンザは予防接種を受けていても感染することがありますが、予防接種を受けていると比較的症状は軽く、発熱しない場合もあります。このため、インフルエンザの症状が強く出ていなくても、インフルエンザに感染している可能性があります。つまり感染に気づかずに他人と接触していまい、周囲の人に感染させてします危険性があります。特に子供やお年寄り、妊婦の方などが周囲にいる人は、普通の風邪だと思っても、インフルエンザの検査を受けるようにしましょう。

手洗い・うがいやマスクの装着はもちろん、インフルエンザに対する正しい知識を持つことが最大の感染予防策と言えるでしょう。

まとめ

  • インフルエンザの症状は急激にあらわれ、強い症状が現れる
  • 頭痛や吐き気なども風邪に比べると強い症状であることが多い
  • 潜伏期間にも感染する

毎年流行するインフルエンザ。インフルエンザウイルスに対する正しい知識を持ち、あなた自身が感染から身を守ることも大切ですが、もし感染してしまった時に周囲に感染させない事も大切にですね。寒い冬ですがインフルエンザにかからないように頑張りましょう!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康