probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

インフルエンザの最新式の検査がスゴイ!結果が出る時間が驚くほど早い!


冬の時期に急な高熱や節々の痛み、頭痛などの症状が出たらインフルエンザかどうか気になりますね。ウイルスの増殖のスピードが早いインフルエンザウイルスは、発症してから48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与することで増殖を抑え、症状の悪化を防ぐことができます。

そのために少しでも早くインフルエンザに感染しているかどうか判定するために、最新式の検査方法が開発されています!いったいどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

現在の一般的な検査方法

インフルエンザにかかってしまい、病院で長ーい綿棒で鼻をほじほじされた経験したことはあるでしょうか?現在行われている一般的なインフルエンザ検査方法は「迅速抗原検査」という方法で「簡易検査キット(イムノクロマト法)」を使用しています。10分から15分くらいでインフルエンザに感染しているか分かります。

この検査方法は患者の負担も少ない有効な検査方法ですが、インフルエンザの症状が出てから12時間ほど経過して体内のウイルスが十分に増殖してからでないと、正確な判定ができないデメリットがあります。そのため、発症初期のウイルスが増殖していない段階では、明らかにインフルエンザの症状が出ていても「陰性」として判定されてしまうケースが多くあります。

関連記事:インフルエンザ検査は家族で受けるタイミングはいつから?費用は?最新の検査方法がすごかった!?

そこでより早い段階でインフルエンザの感染が分かるように開発されたのが「富士ドライケム  IMMUNO AG1(超高感度イムノクロマト法)」という検査システムです。

スポンサーリンク

富士ドライケム IMMUNO AG1(超高感度イムノクロマト法)

精密化学メーカー「富士フィルム」の製品で「IMMUNO AG1」は迅速診断キット(カートリッジ)と専用の分析装置を使用してインフルエンザウイルスの感染をしらべます。この分析装置を使用すると、従来の簡易検査キットよりも早く発症初期の段階で、インフルエンザに感染しているかどうかが分かります。発症初期の「陰性」という判定が出て「明日もう1度検査しましょう」なんてことが無くなるのです!

参考:富士ドライケム IMMUNO AG1

IMMUNO AG1の検査方法

①医師による問診
最初に医師による問診が行われます。患者本人の症状や発症後の時間などを確認します。地域のインフルエンザの流行している状況なども考慮し、インフルエンザの疑いがある場合は検査を行ないます。「IMMUNO AG1」の装置を導入している医療機関でも「発熱後12時間経過している場合」は通常の簡易検査キットをしようする場合もあります。

②ウイルスを取り出す
ウイルスを採取する方法は通常の簡易検査キットと同じ方法です。専用の長い綿棒を鼻の奥に挿入し粘膜をこすり取ります。採取した検体をカートリッジに入れて装置にセットすると、自動で下記のように判定してくれます。

・強陽性反応
所要時間は検査を開始してから最短で3分30秒ほどで陽性反応が出ます。強陽性反応が出た時点で検査は中断することができます。

・陽性反応
所要時間は約10分です。強陽性反応が出なかった場合、10分間は検査を継続します。この間にウイルスが検知されると陽性反応と判断されます。

・弱陽性反応
検査を開始してから10分経過しても陽性反応がなかった場合、不要な粒子を自動洗浄し、高感度モードに切り替えて検査を継続します。感染初期でウイルスが少なく、通常の簡易検査キットでは発見できないウイルスを100倍に拡大することで発見することができます。検査開始から15分経過してもウイルスば見つからなければ「陰性」となります。

関連記事:2017年インフルエンザの初期症状に頭痛や吐き気がある?潜伏期間にうつる可能性があるって本当?

IMMUNO AG1と簡易検査キットの比較

通常の簡易検査キット IMMUNO AG1
診断可能な発症からの時間 12時間以後 約4時間
検査時間 5~15分程度 3分30秒~15分程度
1度に検査できる人数 複数可能 1人
再検査の必要性 初期段階ではあり得る ほぼ無い

従来の簡易検査キットと「IMMUNO AG1」検査方法は同じですが、発症してから初期の段階でもインフルエンザに感染しているかどうか分かるのはありがたいことですね。早期に発見できれば抗インフルエンザ薬を服用することで、インフルエンザウイルスの増殖を防ぐことができますし、周囲への感染の拡大を防ぐこともできます。インフルエンザは非常に感染力の強い病気ですので、このような最新式の装置があるのは素晴らしいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康