probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

リオ五輪 日本卓球 快進撃!実況でよく聞く「チキータ」って何?

リオ五輪が開催されており、水泳、柔道、体操団体で金メダルを獲得するなど大活躍の日本人選手たち。

卓球では惜しくも石川佳純選手が敗退してしまいましたが、福原愛選手、水谷隼選手、丹羽孝希選手が確実に勝ち進んでいます。

卓球の実況を見ていて、よく耳にするのが「チキータ」という言葉。これって何?

バックフリックの一種

フリックとは?

相手が短く止めてきた下回転のボールに対して、ラケットを下から入れて角度を上向きにし、角度を合わせて攻撃する技のことです。

短い下回転のボールは、相手が打たれないように出してくるのですが、このフリックレシーブを使えば自分から攻撃を仕掛けることができます。基本的にフリックは下回転のボールを打ちますが、台の前方に来たボールで強打ができないボールに対しては、無回転や横回転でもラケット角度を調整して打つことがあるので、この場合でもまとめてフリックと呼びます。

フリックの利点は、相手のサーブを初球から攻められることです。フリックができないと相手が短い下回転のサーブを打ってきた場合や、上回転を短く出してきた場合、つなぐしか方法がありませんが、フリックができると一発目から攻撃することができます。卓球ではスピーディに攻撃を展開することが重要なので、短いサーブを打てるこの技術は必要な技術です。

スポンサーリンク

チキータ

変則的なバックフリックのことを「チキータ」といいます。

手首をめいいっぱい曲げてラケットの先を下に向け、ボールに回転をかけながら打つフリックです。ピーター・コルベルという選手が開発したといわれています。

これを打つと横回転がかかり、まるでバナナのようにボールが曲がるので「チキータ」と呼ばれるようになりました。

以前はコルベル選手の得意技でしたが、現在ではさまざまな選手が使用しており、日本では水谷準選手がよくチキータを使っています。

ちなみにチキータは、主にバナナを生産、販売するアメリカの会社「チキータ・ブランズ・インターナショナル(Chiquita Brands International)」から由来しています。

まとめ

卓球といえば中国というイメージがつよいですが、日本人選手たちの活躍は素晴らしいものがあり、今後の日本卓球に大きな期待が寄せられています。選手たちの繰り出す、スピーディで多種多様な技を楽しみながら、オリンピックを応援しましょう!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-スポーツ