probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

タモリ式入浴法で垢すっきりお肌ツヤツヤ!!臭いは大丈夫?デメリットは?やり方を徹底解説!

2018/01/17

最近話題になっている「タモリ式入浴法」ってご存知ですか?あの天才タレント・タモリさんは長年入浴時には石鹸やボディソープを使っていないそうです!「タモリ式入浴法」の方法やその効果、またメリット・デメリットなどをまとめてみました!!

スポンサーリンク

タモリ式入浴法とは?

湯船に10分以上つかる。石鹸やボディソープは使わない

タモリ式入浴法の一番の特徴は「石鹸やボディソープで体を洗わない」ことです。私達の体には「常在菌」と呼ばれる肌を清潔に保ってくれる菌がいます。この常在菌を必要以上に落とさないために、また敏感肌の人には石鹸などの洗浄力が強すぎるために、様々なトラブルの原因になると言われています。

とってもシンプルですね!湯船に10分以上つかって、体の汚れや皮脂をお湯だけで洗い流すというものです。しかしこれで本当に体の汚れはキレイになるのでしょうか?

湯船に10分以上つかると、汚れは落ちる!?

私達の体に付いた汚れや皮脂は10分以上湯船につかることで、なんと80%はキレイに落ちるそうです!しかしこのような老廃物はシャワーだけでさっと流すだけでは不十分で、湯船にゆっくりとつかることでキレイに落ちていくと言われています。

しかし入浴するだけで何もしなくてもいいかといえば、そうではありません。実際に皮膚には汚れや、古くなった角質などの垢も発生しています。石鹸を使わずに入浴していると数日すると垢が溜まってきます。

この垢は湯船の中で手でこすることによって、浮かして取り除きます。垢は長い時間湯船につかることで、自然に取れることもありますが、湯船につかっている時に体を手でやさしくこするなどをして、垢を取り除きましょう。湯船にゆっくりとつかる時間を作ることはストレスの解消にもなりますし、時間や気持ちに余裕ができるので、心の健康にも良いですね!!

肌に必要な皮脂を残してくれる

「タモリ式入浴法」は体をゴシゴシと洗わず、石鹸やボディソープを使わないので、肌に与えるダメージが少ないと言われています。肌をキレイにしてくれる「美肌菌」も残すので、肌荒れや乾燥肌の予防になり、肌がツヤツヤになる可能性も高くなります。

でも石鹸やボディソープを使わないで臭いは大丈夫なのか心配になりますよね。しかし臭いの原因となる皮脂汚れは80%も落ちるので全く問題ありません。石鹸の香りでごまかされることもありません。ただし「タモリ式入浴法」を実践し始めの時は少し体臭が気になるかもしれませんが、しばらくすると気にならなくなります!

「タモリ式入浴法」のメリット

  • 乾燥肌・ニキビなどの吹き出物の改善
  • 美肌効果
  • 体臭や加齢臭の減少
  • リラックス効果

これだけを見ていると、とても良いように思いますね。とくに乾燥肌で悩んでいる人には超オススメです!でもきっと良いことだけでは無いはずです!では反対にデメリットを見てみましょう!

スポンサーリンク

「タモリ式入浴法」のデメリット

  • 入浴後の「サッパリ感」があまりない
  • 「タモリ式入浴法」を実践し始めの時は少し臭いが気になる
  • 夏場など汗を多くかく時期には少しツライ
  • 石鹸やボディソープで洗う爽快感に慣れている人はストレスを感じる

「タモリ式入浴法」を実践し始めて最初に感じるのは「石鹸を使わないと洗った気がしない」ということです。今まで石鹸やボディソープで体を洗うことに慣れてきた人には「サッパリ感」がなく洗った気がしないようですね。

また、実践し始める時期ですが、夏場には始めない方が良いです。人間には今の環境に慣れようとする働きがあり、これまで石鹸やボディソープそ使って体の常在菌を洗い流していた人は、体がそのような仕組みになっています。

それを突然変更するので、体が新しい環境に慣れるまでにある程度の期間が必要となります。ですので汗をたくさんかく夏場には臭いの問題が出る可能性が高いので、涼しくなった秋頃から始めるのをオススメします。

専門家の意見は?

専門家の間では賛否両論あるようですので、それらをご紹介します。

  • 「皮膚の表面には10種類程度の常在菌がいて、酸性の膜を作っている。それは皮膚を守るバリアーなのだが、石鹸で洗うことで常在菌の9割が取れてしまう。若い人でも常在菌が元に戻るまで12時間かかる。ゴシゴシ洗うことは皮膚にとってはとても危険だ」(東京医科歯科大学・藤田紘一郎名誉教授)
  • 「もともと日本人には全身をゴシゴシと洗う習慣はなかった。それが高度経済成長を経て過剰に洗うようになった。アトピー性皮膚炎が急増した時期と一致する」(愛知県、いそべクリニック・磯部善成院長)
  • 「入浴だけでは皮脂は落としきれないので、皮脂の分泌が多いポイントは石鹸を使うほうが良い。皮脂は時間経過で酸化して肌トラブルを引き起こす。適所に石鹸を使うべき」(皮膚科美容渋谷スキンクリニック・吉田貴子医師)

「タモリ式入浴法」を実践するにあたり、重要なのは皮膚の「常在菌」のようです。健康な皮膚では「表皮ブドウ球菌」という常在菌がいて、この表皮ブドウ球菌がいると体臭は臭わないそうです。それをアルカリ性の石鹸やボディソープでゴシゴシ洗うと、99%の常在菌がいなくなってしまい、有害な菌が繁殖して体臭を発生させてしまいます。

しっかりゴシゴシ洗うと清潔になり、体臭も予防できると思っていましたが、大間違いですね!皮脂汚れも適度に落とすのが大切ですし、常在菌を保つ意味でも「タモリ式入浴法」はかなり有効な入浴法だといえます。

しかしやはり臭いや汚れの気になる脇の下や、Tゾーンなどは石鹸で洗うことを推奨する専門家が多いようです。あなたに合った入浴法を発見してみては?

「タモリ式入浴法」のまとめ

  • 湯船に10分以上つかり、手でやさしく肌をこすり垢を落とす
  • 暑い夏場から始めるのではなく、涼しくなった時期から実践する
  • 乾燥肌やアトピー性皮膚炎に悩んでいる人にはオススメ!
  • 汚れや臭いの気になる場所は部分的に石鹸やボディソープを使用する

現在では様々な美容法や健康法が紹介されていますね。それらのどれもが効果があり素晴らしいものですが、実践するにはそれらの本質を知ることが大切だと思います。本質を知ることで自分に合うかどうかを判断することができますからね。

あなたに合う入浴法を実践して、お肌ツヤツヤできれいな人になりましょう!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-健康