probeprobe

退屈な時間を豊かにする大人の情報をあなたに

NHK朝ドラ「わろてんか」あらすじやキャストは?ヒロインは葵わかなに決定!!

引用元 http://matomame.jp

2017年(平成29年)後期のNHK朝の連続テレビ小説は「わろてんか」に決定しました。

1961年に始まった朝ドラの97作目の作品です。2017年前期の朝ドラ「ひよっこ」は完全オリジナルストーリーなのですが、「わろてんか」は吉本興業の創業者・吉本せいさんをモデルの作品です。

いったい「わろてんか」はどんなドラマなのでしょうか?あらすじやキャストなどご紹介します!

スポンサーリンク

「わろてんか」基本情報

  • 放送期間:2017年10月2日~2018年3月31日・154話
  • 放送時間:毎週月曜日~土曜日・朝8:00~8:15 / 昼12:45~13:00
  • 脚本:吉田智子
  • キャスト:藤岡てん・葵わかな
  • 演出:本木一博、東山充裕、川野秀昭
  • プロデューサー:後藤高久

脚本を担当する吉田智子さんは映画「アオハライド」「ホットロード」ドラマ「カエルの王女さま」「働きマン」など、多くの作品を手がける人気脚本家です。

「わろてんか」は明治時代後半から第2次世界大戦後の大阪が舞台となっています。吉本興業の創業者にして女性興行師の「吉本せい」さんをモデルに、日本で初めて「お笑い」をビジネスにした女性の生涯を描いています。

これまでにも実在の人物をモデルにした作品が多くありましたが、「お笑い」の女性を描く作品とあって、おそらく笑えるシーンがたくさんあるのではないでしょうか?

脚本家・吉田智子の「わろてんか」

人生には、辛い時、予想もしていないことが突然起こる。そんな時「笑い」で救われることがある、と「わろてんか」の脚本家・吉田智子さんは語っています。

吉田智子さんは「このドラマをごらんになってくださる方を毎朝1回、いや最低3回笑わせて自分も笑い転げることが目標です。そして気持ちのいい涙で1日の始まりをトンとひと押しして、みなさんと一緒に「朝活」ならぬ「笑活」を広めていけたらなと思います」とコメントしています。

「わろてんか」は第2次世界大戦後まで描いた作品ということで、暗いシーンも描かれるのかもしれませんが、最低3回は笑わせてくれるようですので、朝から楽しい気分になれる作品のようですね!

スポンサーリンク

ドラマ「わろてんか」のあらすじ

明治後期、商都・大阪が大いに栄えていた時代―――。
ヒロインの藤岡てんは、京都で古くから続く薬種問屋の長女として生まれました。てんは行儀に厳しい父から「人前で笑ってはいけない」と教わり育ちます。
しかし、大阪船場の米穀商の跡取り息子・北村藤吉(とうきち)との出会いがてんの人生を一変させます。藤吉は根っからの芸事好きで、「人生には笑いが必要」という考えの持ち主でした。藤吉と衝撃的な恋に落ちたてんは、親の反対を振り切り駆け落ち同然に藤吉と結婚。笑って生きる喜びに心躍ったのもつかの間、芸事好きが高じて家業をおろそかにする藤吉がとうとう店を傾かせてしまいます。その時、てんは決意します。
「あんさんが好きなその笑い、商売にしてみませんか?」
その一言から、素人同然の若夫婦が大阪のみならず日本中の人を笑わせるべく、二人三脚の大冒険を始めます!

大阪が“笑いの都”と言われる礎が築かれたのは、まさにこの明治後期~昭和初期のこと。そのころ大阪ではたくさんの才能がひしめきあっていました。夫亡きあとも細腕一本で大阪のお笑い界をけん引した当時としては珍しい女性興行師・吉本せいさんをはじめ、当時活躍した芸人・文化人などさまざまなお笑いのパイオニアたちの人生をヒントにして、人々が過酷な時代をたくましく生き抜く姿を、笑いと涙のオリジナルエピソード満載で描きます。

引用元:http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog

明治時代から昭和初期を生きた女性は、とてもたくましく、強いイメージがあります。現在もお笑いの第一線で活躍する「吉本興業」を創っていく姿が見れるのはとても興味深いですし楽しみですね!!

ヒロインは葵わかなに決定!

ヒロイン・藤岡てん役には朝ドラオーディション3度目の挑戦で、2378人の中から選ばれた、葵わかなさんに決定しました!

関連記事:2017秋の朝ドラ「わろてんか」ヒロインの葵わかなが可愛い!慶應に合格したって本当?

最近の朝ドラのヒロインは割りと知名度のある女優さんが選ばれていましたが、18歳の葵わかなさんが選ばれたことにより、とっても新鮮な感じがしますね。

葵わかなさんが選ばれた理由として、台本読みでの表現力と演技力が高く評価されたことだそうです。葵わかなさんは神奈川県出身なのですが、関西弁がからり上手で全く問題ないようです。

ヒロインの藤岡てんは17歳から50歳までを演じなければいけませんが、プロデューサーは「この人しかいない」と演じきれると太鼓判を押しました。

朝ドラでヒロインを務めると、必ずと言っていいほどブレイクしますが、葵わかなさんも大物女優になりそうなオーラを持っているので、今後の活躍が楽しみですね!

他のキャストは未発表ですので、情報が入り次第更新していきますね!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

-芸能